お店にposレジを導入しよう!経理管理がスムーズに進む

先進機器で店舗管理を楽に

店内

売上管理以外にも使える

最近のレジは単に金銭を出納するだけのものでなく、高度な情報処理機能を備えた製品が主流になっています。こうしたレジを、一般にposレジといいます。posとは店舗において商品等の売上が発生した場合、それを営業終了後にまとめて記録するのではなく、発生の都度記録するシステムのことをいいます。posレジはバーコードの読み取りなどによって売上データを自動的に収録できるので、売上管理を効率化するのに役立ちます。収録されたデータは商品ごと・価格帯ごと・季節ごとなどさまざまな条件で集計できるので、経営戦略を立てる際の重要な資料として使えます。posレジを導入する際は、ハード面とソフト面の両面から製品を比較して選ぶのが基本です。まずハード面についてですが、最も高価格・高機能なのはコンビニエンスストアなどに置かれているタイプです。バーコードの読み取りからポイントカードの処理まで店舗運営にかかるほとんどの業務がオールインワンで処理できるようになっています。一方、美容院や飲食店などでは、バーコードの読み取りでなくタッチパネルの操作でデータを収録するタイプが人気です。さらに、移動店舗などのためにモバイル端末で操作できるタイプもあります。ソフト面については、売上管理が基本になることはもちろんですが、その他の付加機能にも注目します。製品によっては、予約管理システムや従業員の勤怠管理システムが付属しているものがあります。また、扱えるデータの容量も製品ごとに異なるため、事業規模や商品の種類等に合わせて選ぶようにします。

Copyright© 2018 お店にposレジを導入しよう!経理管理がスムーズに進む All Rights Reserved.