お店にposレジを導入しよう!経理管理がスムーズに進む

事業管理すステムの導入

店内

効率化による収益拡大

近年、様々な業界で効率化が進められています。株式市場では証券の電子化や金融市場で今後AIを導入するなど、営業効率を良くするような動きが見られます。小売業では、一昔前であれば精算時のレジ打ちに金額ボタンを打っていたのですが、現在多くの小売店でposレジが導入されるようになりました。posレジはただ単にレジ打ちをして精算するのではなく、あらかじめ入力した商品情報で現在の在庫を把握し、どれだけ販売したかの管理が可能となります。スーパーマーケットなどの場合、ポイントカードを発行し、カード発行の登録時に個人情報を登録し、顧客の消費動向を把握するシステムとしてposレジを利用しています。イベント売り出しやポイント還元等の顧客サービスに活用されます。商品管理や顧客管理、顧客サービスと共に精算のスピード化等に大きな役割を果たします。posレジの導入により最大の効果を上げるのが、固定費の削減です。小売業でもっとも収益を押すのが人件費と言われています。これだけ多くの役割を担うposレジですので導入のコストも大きくなりますが、人員削減効果とアナログ作業特有の間違いが少なくなり、確実性の高い作業が可能となります。消費者自身バーコードを認識画面にかざして精算をするセルフシステムを搭載した最新のposレジを設置する大型小売店も出てきました。これらの最新機器は防犯システムと連動しているものもあり、精算前の商品を持って店を出ると警報が鳴るものもあり、防犯の側面でも役に立っています。

Copyright© 2018 お店にposレジを導入しよう!経理管理がスムーズに進む All Rights Reserved.